こんなお悩み解決します

必要な時だけ
人材がほしい

必要な時に必要なだけ人材を確保し、
適材適所を実現出来ます。

人材派遣は1日単位から長期まで必要な期間だけ、必要な人数を確保出来ることから、 繁忙期対策や欠員補充に有効です。専門特化した業務が発生した時にアイコムの抱える スタッフを即座に派遣し、スムーズな業務遂行をもたらします。

コストを削減したい

募集・採用・労務管理・人材育成など、
人員コストや労力を削減出来ます。

採用活動を行わずに即戦力のスタッフを確保出来る他、給与計算や社会保険手続などの 労務管理も不要で、直接雇用の場合と比較して、採用・教育・福利厚生・労務管理などに かかるコストや労力を削減する事が可能です。

社内を活性化させたい

社外からの人材活用によって社内を
活性化出来ます。

様々なキャリアを持ち、仕事へのモチベーションの高い派遣スタッフは、 実務面はもちろんの事、職場の活性化へも貢献出来ます。

アイコムと同業者の違い

派遣も職業紹介も対応

アイコムは、一般派遣と職業紹介の許可をともに持っているので、派遣法改正後も引き続きスタッフを派遣出来ますし、社員候補のご紹介も受けたまわれます。

コンプライアンスの厳守

派遣業界専門の社会保険労務士、行政書士の先生が顧問になっております。総務・人事や現場の皆様の疑問、質問に対して一番確かな回答と、ご提案をすることが出来ます。

良好な人間関係

全国展開の派遣会社もある中、アイコムは地元出身の社員がスタッフとの良好な人間関係を保っています。人と人のつながりにより、人を集めることや長期就労が可能になります。

労働者派遣と業務請負の違いは?

労働者派遣とは?

一般的に人材派遣と言われ、派遣元となる派遣業者に登録している者を、派遣先となる事業所へ派遣して、かつ、派遣先の指揮命令のもとで労働サービスを提供する雇用形態です。時給、日給による請求、有期雇用 が一般的です。

業務請負とは?

アウトソーシング(外部委託)の一種で、民法上の請負契約に基づき、製造、営業など業務を一括して請け負う形態です。この一形態としてEMSや3PLなどが存在します。

違いは?

労働者派遣は、派遣業者と派遣先の企業が派遣契約を結び、派遣先の企業と派遣労働者が使用関係を結ぶので、指揮命令権は派遣先の企業にあります。一方、業務請負では、請負労働者は自身が雇用契約を結ぶ企業と注文主の企業との間で締結した請負契約にもとづいて労働力を提供します。そのため労働者の指揮命令権は請負業者にあります。請求方法が時給計算か、出来高計算になると ころが大きな違いです。

ご契約の流れ

  • STEP

    打ち合わせ

    貴社のご要望に応じた派遣内容をご提案致します。

  • STEP

    見積もり

    人員・内容などを考慮し、お見積もりを致します。

  • STEP

    ご契約

    貴社にご満足頂ければ、正式にご契約をさせて頂きます。

  • STEP

    派遣

    貴社のご要望に合わせたご提案をお約束致します。

  • STEP

    アフターフォロー

    スタッフ一同全力でフォローして参ります。

お問い合わせ

0276-57-8600

受付時間:8:00〜18:00

採用専用ダイヤル

0120-009-023