2021.01.15


中途採用比率の公表義務化

皆さんこんにちは。群馬の人材派遣、アイコムの大塚です。

 

一年の中で1月は新しい事にチャレンジしてみようと思う人が多いという

統計を目にしました。資格の取得や趣味しいては転職と色々な新しい事がありますね。

 

さて、今回は20214月からの

「中途採用比率の公表義務化」について触れたいと思います。

 

少子高齢化が進む日本では、将来的な労働人口の減少が懸念されています。

それと同時にライフスタイルや働き方の多様化も進み、

労働環境にも柔軟な変化が求められるようになってきました。

このような状況の中、働く意欲のある人が

十分なパフォーマンスを発揮できるように講じられた対策のひとつが

「中途採用比率の公表義務化」です。

中途採用比率とは、企業で働く従業員のうち、

中途採用者が何名いるかを示した数値のことです。

厚生労働省による労働施策総合推進法の改正により、

従業員が301人以上いる大企業に対して中途採用比率の公表が

20214月より義務化される事になりました。

 

目的は、企業と中途採用希望者のマッチングを容易にするためです。

採用希望者の選択肢を広げて中途採用比率が低い傾向のある

大企業を対象とすることで互いに競わせ、中途採用を活性化させる狙いだそうです。

 

中小企業は 比較的中途採用が活発に行われているとの理由から

今回の義務化には含まれませんでしたが、いずれなるのではないかと思っています。

 

大企業は4月の施行に向けて、中小企業はいつ義務化されても良いように

担当の選定や社内基準の確立・見直し・情報のこまめな確認等を

行っておくとスムーズにとりかかれるかもしれません。

 

中途採用活動の活性化に備え、

採用に関する基準やルール、評価制度などを改めて確認することをおすすめします。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

カテゴリ一覧

友だち追加

お問い合わせ

0120-009-023

受付時間:8:00〜18:00