2020.10.09


工場の感染が広がりやすい場所

皆さんこんにちは。
群馬の人材派遣、アイコムの大塚です。

タバコがまた値上がりをしました。
愛煙家としては厳しい現実です。

今回は、工場内・現場内で感染が広がりやすい場所について触れたいと思います。

結論から言うと、休憩室や喫煙所です。

休憩室や食堂は時差で休憩をとる。スクール型の配置にし、
対面しないようにする。アクリル板を設置する。
などの対策がかなりされてきたと思います。

しかし喫煙所に関しては、まだまだな印象です。
喫煙所の感染防止対策はどうでしょうか。

喫煙所は感染防止対策をとりづらい場所ですが
感染が拡大する恐れがあるのも事実です。

灰皿が一つしかなくソーシャルディスタンスを保てない。
喫煙スペース・灰皿の数に対して喫煙者の数が多い。
喫煙の際にマスクを外すことが感染拡大の大きな要因ではないか。とされています。

喫煙所の感染防止事例を紹介したいと思います。

・喫煙スペースに入れるのは一度に2名迄。1本吸ったら出る。
※ソーシャルディスタンスの確保
・灰皿はすべて撤去し喫煙者は個人で携帯灰皿を持参。
※唾液がついたもの残さない
・喫煙は各自の車のみ。
※接触の回避

上記の事例はいずれもソーシャルディスタンスを確保し
感染防止に配慮されています。

まだまだ感染が落ち着かない状況の中で、少しでも会社としてのリスクを回避し
感染者を出さない・クラスターを発生させないようにしていかなければなりません。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリ一覧

友だち追加

お問い合わせ

0120-009-023

受付時間:8:00〜18:00